So-net無料ブログ作成

高齢化で迷走する老人の性 [性犯罪の危険]

数年前のニュースで、71歳の男性が自分で警察手帳を偽造して、短大生に
言いがかりをつけてレイプしようとして、結局は未遂で逮捕されるという
事件がありましたが、覚えている人は少ないでしょうね。

老人だったために肝心な場面で、重要な部分が役に立たなかったみたいだ
というような場面を示唆するような表現のある記事もありましたが、実際
のところは、警察からの発表もないので不明のままでした。

元々、この男性は過去にも同じ手口で同様の犯行をしていたようなので、
去勢するべき人格の持ち主なのかも知れませんが、それを差し引いても、
日本では老人の性の問題はタブーとされているのか、はたまた老人は全て
枯れてしまっていると考えるようにしているのかは判りませんが、高齢者
の性が話題になることはほとんどないのが現状です。


girl-763.jpg

老人ホームとかでは、配偶者を亡くした同士が意気投合して再婚しようか
という話も結構あるみたいなんですが、もう歳なんだからとか、いい歳で
色ボケみたいなことは止めてくれという家族の意見で悲恋に終わることも
少なくないという話も聞きます。

知り合いの介護の仕事をしている女性に聞いても、訪問先の老人は男性も
女性も性的な刺激を求めていることが多くて、いろいろと大変なんだよと
言っていましたが、いくらペニスが勃起しない年寄りになっても、性欲は
あるわけで、単刀直入におっぱいを揉ませてくれという男性や、こっそり
とお尻や股間、乳房に手を伸ばす男性もいるようです。

一昔前に比べれば、同じ年齢であっても体力があり、力も強いので60歳代
の老人が女性を襲うという事件も、時々ニュースに出てくるようになって
老人の性を真面目に考えなければいけない時代になっているはずですが、
それでもやっぱり、介護の問題について語っているはずの本を読んでも、
高齢者の性や恋愛の話題は避けているようにしか考えられません。

girl-758.jpg

後、20-30年もすれば自分自身にも関係してくる話なので、それなりには
ケーススタディみたいなことも必要ではないかと思いますし、自分自身を
想定してみても、何らかの体調上のトラブルがない限りは、後20-30年で
各種の欲望に対する興味を全く失うとは考えにくいわけです。

同年代で、恋愛を受け入れてくれる女性がいるとか、ドイツなどのように
買春が合法化されて、さらに高齢者には割引券が支給されるというような
施策が実行されるのか、どうなるのかはわかりませんが、現状のままで、
臭いものに蓋的な対応では、いつしか老人の性欲は迷走から暴走へと変化
しかねないとも思うんですよね。

girl-765.jpg

簡単な話、軽い話ではないので、まだまだ当分は表向きにはならないかも
知れませんが、介護の現場ではすでに老人の性は重要な職場の問題として
語られているという実情もありますので、今後は老人問題の中でも大きな
焦点として、この話が出てくるものと思います。


面白い(6)  コメント(0) 

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント




Copyright (c) 2013-2017 suzuran All right reserved