So-net無料ブログ作成

完璧な相性のパートナーを探す方法 [恋愛・失恋]

オーストラリアの数学者が完璧なパートナーを探したいのなら、まず12人
の相手と交際をして別れてから探し出すと良いという説を発表しました。

0-lovers-7.jpg

複雑な数学的分析の結果から算出された確率では、この12人と交際をして
から完璧なパートナーを探し出して連れ添うことができる確率は75%だと
いうことらしいですが、これってあくまでも確率論の話であっていわゆる
ダメンズの人は何度巡り合ってもダメかも知れないし、驚異的に人を見る
才能のある人ならば12人も相手を変えなくても良いということですよね?
ということはほとんど意味のない理論なんじゃないの?と私は思います。


girl-365.jpg

確かに同棲とか、通い婚とか、またはセックスの相性も確かめないままに
結婚するのは無謀とまでは言わないまでも、破綻する危険性は高いように
思いますが、だからと言って12人以上と交際するというのは、根拠となる
理由が全くないと個人的に思います。

12人と別れてということは、13人目から本当に相性の良い相手と出会う率
が高まるということでしょうから、逆に言うと12人は踏み台?と言うか、
出会いのステージに上がるまでの階段の役割ということですよね。

hairy369.jpg

でも交際というからには、お互いのことを知る関係になるわけですから、
その12人を単なるステップとして淡々と通り過ぎていくというのも人間性
というか人格を疑われそうなことだと思うんですけど、やはり数学者には
理論と数式が正しければ良くて、感情は想定外ということでしょうか。

hairy368.jpg

少なくとも私の感性では、この人は五人目だから後七人探さなければとか
考えながらデートをすることは出来ませんし、ようやく12人目だから早く
一通りの過程を済ませて別れようとは思えません。

凡人の私は、思いのままに人を好きになるという単純な本能が勝っていて
冷静に交際相手の数を積み重ねながら理論で恋愛を積み重ねていくことは
難しいことであると思います。


面白い(5)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント




Copyright (c) 2013-2017 suzuran All right reserved