So-net無料ブログ作成

漢方系精力剤の実態 [精力剤・避妊]

バイアグラとか、シアリスなどは簡単に言うと、ペニスに関係する血管を
薬で拡張させて強制的に血液を送り込むことによって海綿体を満タン状態
にすることで勃起させるという仕組みですから、本人の意思とは関係なく
薬の効果が切れるまでは、最高潮の大きさ、硬さが保たれます。

考えようによっては生身のディルド(女性用の擬似ペニス=古風な表現を
使うと張り形とも言います。)とも言えるわけで、極端なことを言えば、
男性側がもう疲れたからと言おうが女性側が満足していなければ、仰向け
で寝ている上に跨れば性器結合は可能で自慰行為に近いかも知れませんが
セックスが可能になるというものです。

それに対して漢方系の精力剤は、あくまでも補助することが目的なので、
本人(ペニスの持ち主)に、その気が無ければ意味がありません。


pantie312.jpg

薬を飲んだ後で、自らがマッサージをして刺激を与えたり、テンションを
高めていくようにしないと効果が現れないというものですから似たような
効能は書いてありますが、本来は大きく意味合いの異なる成分である、と
いう認識はしておく必要があると思います。
バイアグラなどは化学薬品で、中国の漢方系は天然モノという違いです。

そこで漢方系の精力剤の話ですが主成分は牡牛のペニスです。
漢方の基本的な考えは、肝臓が弱い人は肝、胃が弱い人は消化に関係する
胆嚢などの部分を食すると良いということになっているので、精力の強化
にはペニスのエキスを飲めということなんでしょうね。

pantie311.jpg

トラのペニスは動物の中で一番硬いから、強度アップにはトラのペニスが
最高という話もあるらしいですし…とは言うもののトラのペニスには骨が
あるんですよね、だから硬いのは当たり前なんです。
いい加減な風説を流されるとトラにしてみれば迷惑な話だと思います。

他にもハーレムを作るオットセイの絶倫の精力にあやかったオットセイの
ペニスとか、同じく繁殖期には一日に何度もメスと交わるとされるシカや
トナカイの角等、説得力があるようでないものが多いような気がします。

だって何をおいても一番精力が強いのは地球上にもっともはびこっている
人間だと思いますし、繁殖目的以外の悦楽としてセックスをするのも人間
だけなわけですからねェ、一番意味がありそうなのは人間のパーツでは?
という気もしないではありません。

pantie309.jpg

さらに中国ではシカは淫獣なんて呼ばれてるらしいです。
これまた人間の勝手で随分な名前をつけられてしまったものですよね。

で、実際に動物たちのペニスが精力剤に使われるかと言うと、ほとんどは
客寄せの展示用に使われ、実際に漢方薬の中の成分として入っているのは
バイアグラの主成分だったりするのが実際のところという例が多いです。

高いお金を出して買った薬の成分がバイアグラだとか、もっといい加減な
販売元だと、一般のドリンク剤と大差ない成分だったりしますが、高額な
お金を払ったという意識が購買者を絶倫にするらしいです。

人間の感覚なんて、いい加減なものだという証明ですね。


面白い(7)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント




Copyright (c) 2013-2017 suzuran All right reserved