So-net無料ブログ作成

青少年の性行動について [男女の営み]

オーストラリアでの調査で、大学生の場合美術専攻の女子学生がもっとも
性に活発で、理系の男子がもっとも奥手だという結果が出たようです。
なんとなくイメージとして想像できるので、もしかしたら日本でも大差は
ないのかも知れません。

では、日本の場合はどうなのでしょうか、ちょっと古い資料になりますが
2005年に約一万人の青少年を対象に行なわれた調査結果からのお話です。

調査対象は中学生3953名 高校生5324名 専門学校生254名 大学生1616名で
合計にすると11147名となっています。


girl-186.jpg

また、その質問内容は射精から月経、性的な関心、キス、セックスの経験
自尊感情、性教育、性の知識、性情報源、友人や家族との関係、メディア
の利用状況などで一部の質問からは中学生は除外されているようです。

そりゃまあ、中学生に性交経験を聞くのはいかがなものか?と思いますが
調査対象の学校側に拒否されたようで、実際には調査対象としたい意向を
持っていたようですけどね。

「臭いものに蓋」という隠蔽体質が依然として学校にはあるという部分が
別の意味で情けないというか、本質の問題を覆い隠しているような感じが
しますが、そういうことを糾弾する目的のブログではないので、サラッと
流しておくことにします。

girl-185.jpg

さて、各項目について細かく書いて行くと、この話題ばかりが延々と続き
多岐に渡った恋愛話を身上としているブログの性格が崩れてしまうので、
特記事項というか、こういう見方もあるんだという部分のエピソードだけ
幾つか書いてみようと思います。(何かの参考になるかも。)

まず、ちょっと(かなり)マズイなと思った事では、「膣外射精は確実な
避妊方法である」という設問に対して、正しいと答えた男子が7.5%いる
というのは、近い将来のセックス経験を考えるとマズイでしょうね。
このような間違いは適切に正して行かないと望まない妊娠が増えてしまい
テレビドラマのような話が現実化してしまうと思います。

少年がセックスをしてはいけないという論調をとるつもりはありませんが
避妊の知識、女性を大切にする心が伴なわないのならば、セックスしては
いけないとはっきりと指導することも大切な事だと思います。

girl-190.jpg

他に気になるのは、「排卵は,いつも月経中に起こる」という設問に対し
正しいと答えた男子は19.7%、女子は11.1%。
排卵の時期が生理の時期であるという認識ですね。

このまま大人になったら、絶対とは言い切れませんが約10%の女性は妊娠
を望む場合は生理中にセックスしなければいけないと考えることになると
考えてもいいわけですよね。

逆に言えば生理中以外は妊娠しないと考えてセックスをしていたとしたら
それこそ望まない妊娠が増え続けてしまうということになります。
これもまた、適切な指導が絶対に必要なケースですね。

他にも「精液が溜まりすぎると、身体に悪い影響がある」と考える人が、
男子で22.2%、女子で32.5%もいます。

精液が溜まりすぎて病気になりそうだからという理由で、セックスまでは
要求しなくても、手で射精させてもらったり、フェラチオを強要する様な
そんな例があってもおかしくはないかも知れないレベルと言えませんか?

女子の32.5%には、特に認識を改めてもらって精液がいくら溜まろうが、
彼のタマタマが破裂したり、下半身が重くなるなんてことはないんだよと
親の方々がしっかりと説明する必要があるのではないかと思います。

というようなことで、日本の性教育のレベルはまだまだ低いと言いますか
本当に大切なことは教えていないという感じがします。

大切な子には親がしっかりと性教育をしないと、学校には期待できないと
いうことでもあると思いますので、恥ずかしいという事は一時棚上げして
自分の子の性知識を確認してみることも必要かも知れませんね。


面白い(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント




Copyright (c) 2013-2017 suzuran All right reserved