So-net無料ブログ作成
検索選択
性の疑問・悩み ブログトップ
前の10件 | -

ムダ毛のお手入れ [性の疑問・悩み]

私が初めて家族以外の女性の脇毛を見たのは小学六年生の時でした。

授業の間の放課に机の上に突っ伏して寝ていた私が、放課終了を知らせる
チャイムの音で目覚めて、顔を上げた時、ちょうど隣の席の女の子が腕を
上げた瞬間で、半袖の袖口から大人しい印象の女の子の割りに、かなりの
分量の脇毛を見てしまったのでした。

同級生の場合、女子の方が成長が早いという通説を裏付けるように私には
そのような兆候など全くありませんでしたから、全くの無意識に、あっ!
と声が出てしまったのですね。

続きを読む


精液って… [性の疑問・悩み]

精液というのはどれぐらいまで溜められるのでしょうか?という話です。

10代の若い頃だと、精通現象(初めて射精を経験する。)の後は、二日も
すると精液が溢れ出すような勢いがあるので、夢精(寝ていてセクシー
夢を見ることによって射精してしまう。)によって、朝起きたらパンツ
中がベトベトしていたり、時間が経っているとカピカピに乾いていたりと
いうようなことがあるようですが、私の場合は夢精をするという経験は、
一回もしたことがありません。

簡単に言うと、自然の流れに任せるよりも自ら快楽を求めるタイプなので
両手を使ってみたり、ごく標準的に右手でしてみたり、ちょっと思う様に
動かないじれったさをあえて感じるように左手でしてみたり、こっそりと
マッサージ器を使ってみたり、といろいろなパターンのオナニーを試して
いたので、夢精する余裕がなかったのかも知れません。

続きを読む


小さめのペニスでも [性の疑問・悩み]

前回の記事の補足というか、小さめのペニスでもそれなりに体位の工夫で
いろいろなバリエーションは可能ですよ、という話です。

深く挿入したという実感が欲しい場合は、相手の女性の股間を出来るだけ
大きく開いて、割れ目を露出した上で上に向けて、上から突き下ろす感覚
で挿入していく屈曲位で交わることで、子宮口を突く感覚を得られる割合
が高くなると思います。

また、屈曲位で恥骨同士が密着して動く事で、女性の内性器が揺さぶられ
性感が高まるという説もありますから、ペニス自体の大きさ以外の部分で
女性器に快感を与えることの出来る体位だと言えそうです。

続きを読む


短小について考える [性の疑問・悩み]

今回はメールでご相談?をいただいた短小についてのお話です。

メールをいただいた方は、通常時で1センチ、勃起をして8センチ程度だと
いうことで、それがコンプレックスになっているそうです。

が、女性の大陰唇とか小陰唇の厚さなどを考慮した場合でも、セックス
することが困難な大きさ(股間から膣口までの長さを差し引いた長さ。)
は、五センチ未満ということになるようです。

小陰唇がクッションになり、膣口に直接陰毛などで傷が付かないようにと
いう女性の割れ目のメカニズムを最大限に考慮しても、8センチあれば、
亀頭部は充分に女性器の中に埋没させられますから原則としてはセックス
に支障はないということになります。

続きを読む


揉んだら大きくなるの? [性の疑問・悩み]

おっぱいが小さいという話題になると、揉み方が足りないとか、成長期?
に揉まれなかったからだという結論に至る事がありますよね。

じゃあ、おっぱいは揉むと大きくなるものなんでしょうか?
結果を先に言うと、直接的な原因ではありませんが、揉み揉みすることで
おっぱいが大きくなるという事は、説明できないことではないようです。

おっぱいを揉むという物理的な要因では大きくなる理由はありません。

続きを読む


ED?そんな時 [性の疑問・悩み]

女性の場合、生理不順とか不正出血とか、女性特有の症状がある場合には
基本的には婦人科という科目がありますから、性的な悩みなどがある時に
まずは、どの診療科目を受診すれば良いのかは誰にでも判りますよね。

それに対して、男性がなんだかペニスの反応が鈍ってきたなぁとか、勃起
する角度が垂れ下がり気味になって男としての自信に陰りが出てきたなぁ
なんて思った時に、どこへ相談に行くのかが判りにくいと思います。

EDの治療薬であるバイアグラは、基本的にはどんな診療科目の医師でも
処方可能ということになっているので、以前、眼科に行った時に柱の隅に
バイアグラの処方箋書きます、ご相談下さいと書いて張ってありましたが
初めて行った眼科医院でバイアグラを処方して下さいというのは、いくら
なんでも言い難いと思いますから、顔見知りの関係になっている患者さん
を対象としたものだと思います。

続きを読む


性教育?じゃないよね [性の疑問・悩み]

アメリカボストンでの出来事。

9歳の娘に性教育をすると言って、娘の前で男友達とセックスをした母親
とその男友達が、三年間の保護観察処分になったそうです。

以前に女教師が教壇の上でパンティを脱いで、性器を曝け出した状態で、
生徒達に自分の性器を指し示して、この穴に男性器を挿入してセックスを
することで赤ちゃんが出来ます、という性教育をしたという話が国内か、
海外かは忘れましたが、あったような気がしますが、母親がというのは、
今までに聞いたことはありません。

続きを読む


セックスセラピーに意味はあるの? [性の疑問・悩み]

割とよく聞くのはセックスカウンセリングというやつで、大体一時間程度
話をして5,000-10,000円らしいですね。

なんだか弁護士の法律相談の相場と同じような感じですが、弁護士の場合
しっかりと消費税もプラスされて、30分5,250円だったような記憶が…。
というような話はともかくとして。

カウンセリングは直接対話方式だけではなくて、電話相談とかメール相談
とかもありまして、電話が10分1,000円、メールが一通3,000円程度が相場
のように思いますが、これも知名度や相談に対する返答の内容が具体的で
解決に結びつく回答を出せる人ほど、お値段お高めという部分に、日本が
資本主義国家であることを認識します。

が、カウンセリングだけではどうしても性的満足を得られないという人が
最後の願掛けじゃないですけど、期待を繋ぐ対象としてセックスセラピー
(セラピストが直接対応)というお仕事があるようですね。

続きを読む


更年期からのセックス [性の疑問・悩み]

以前、快楽(けらく)という本を紹介したことがあるのですが、この内容
に触発された形で、新たに、中央公論新社から「快楽(けらく)白書」と
いう名前の新刊書が発売されるようです。

若年層の性の問題としては、予期しない妊娠、援助交際、性的虐待などが
あり、成人後の女性にも暴力的なセックス、ストーカー被害、不妊などの
問題がありますが、それらについては、専門家や行政機関によって、問題
の解決に向けて動く気配がうかがえますが、更年期、老年期の性について
は、今まで語られることの無いタブーのようにされてきたのが現状ですが
その現状を認識し、改善させていこうという議論を活発化させるきっかけ
ともなったのが以前に紹介した「快楽―更年期からの性を生きる」という
本だったわけですね。

悩みに思っていても、なかなか人に聞けない話題を取り上げて、その解決
に向けてのアドバイスなども加えられていて、爆発的に売れることはない
と思われるものの、多くの支持者がいるのではないか?という私の予測は
それなりに当たったようで、作者も驚くほどの反響があったようです。

続きを読む


愛液に対する誤解 [性の疑問・悩み]

男女の間には色んな思い込みや誤解があるわけで、当然、性(セックス
に関しても、その考え方や接し方に違いがあるというのは、多くの人が、
経験上、そして社会通念上の常識として理解していることだと思います。
が、時には自分に都合のいいように事実を歪曲させていたり、思い込みが
あったりしても、それを常識だと自分で自分に暗示をかけてしまうことが
あるというのも事実だったりするのですよね。

例えば、誰もが理解していると思われる、デカければ良いと言われている
巨根伝説にしても、実際の長さが30センチだとしても女性の膣内の長さは
約11-15センチなわけですから、明らかなオーバーサイズなわけですよ。

それを無理やり全部入れられてしまったら、女性のほうは子宮を含む内臓
が押し上げられてしまう形になるわけで、快感よりも不快感の方が絶対に
大きいのは明白だと思われるのですが、こういう話は女性側の視点では、
あまり語られない話題であるがために大きいことはいいことだという伝説
(伝承?)が、昔から脈々と語り継がれているわけです。
※ この例はあくまでも日本人を含むアジア系の人の話ですからね。
  欧米系の場合は男女とも1-2ランク大きいと思われます。

続きを読む


前の10件 | - 性の疑問・悩み ブログトップ



Copyright (c) 2013-2015 suzuran All right reserved