So-net無料ブログ作成
ラブホテル ブログトップ

ラブホの落書きノート [ラブホテル]

以前にも少し書いたことがありますが、ラブホテルに行くと大体のところ
には落書きノート(という題名ばかりでもないですが。)が置いてあって
利用者のご意見、ご希望、ご感想などを自由に書けるようになっていて、
それをまた、別の利用者=私も含むが読むと、なかなか面白い内容のこと
が書いてあることもあって、時間があれば読むようにしています。

love-hotel31.jpg

ずっと前のまだまだ私自身が若かった頃は「今日は、○○ちゃんと二回目
のデート、彼女とこういうところに来れてすごく嬉しい」みたいな感じの
微笑ましい内容が多かったのですが、いつの間にやら、今日のおっさんは
三枚しかくれなかった上に、テクが無かったとかね、なんだか随分と殺伐
とした内容が三分の一ぐらいを占めるようになっています。

続きを読む


面白い(6)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ラブホテルのSMルーム [ラブホテル]

ラブホテルを利用したことの無い人には、なかなか実感がわかないのかも
知れませんが、ラブホテルが何軒も集中しているエリアには一軒ぐらいは
SMルームというカテゴリーの部屋があるホテルがありまして、その手の
趣味のあるなしに関係なく入ってしまうこともあれば、あえて意識して、
入ってみる場合もあったりします。

私は前者というよりは、後者の意味合いでSMルームに入ってみたことが
ありますが、予想していたほどのインパクトはなくて、イマイチつまらん
というか割高な割には、あまり面白くも無いし興奮もしないというのが、
実感でございました。

SMルームの一つの定番的な存在として、X型の張り付け台がありまして
Xの文字のようにしてパートナーを縛り付けるように拘束具が各先端部分
にセットされているのですが、ただ単に足を開いて拘束するだけのことで
例えば、女性器にバイブレーターを入れようとしても、真下から膣内へと
挿入する以外には工夫の使用が無いわけですよね。

続きを読む


ラブホテルで見つけたもの [ラブホテル]

以前は、ラブホテルの天井と壁の継ぎ目のところには隠しカメラがあると
いう話を結構、本気で信じていまして室内に入るたびに天井部分を一通り
見たり、室内の照明を全て落として真っ暗状態で室内をグルリと見渡して
怪しげな光が出ていないかをチェックしたりしたものです。

最近はインターネットの普及で、そんな風評が立とうものならホテル自体
の存続が危ぶまれるということから、隠しカメラを仕掛けるような経営者
や支配人は、まず考えられないという時代になったので、そのような手間
をかけることはなくなりましたが、まだラブホテルという存在そのものが
いかがわしい存在だった頃には、いろいろな噂もあったので、それなりに
注意して室内のチェックをしたものでした。

続きを読む


ラブホテルの不思議 [ラブホテル]

地元のラブホテルでは、今までに一度も経験がないのですが東京エリアの
ラブホテルでは、どういうわけか違うんです、という話です。

関東エリアの人にとっては、当たり前のことで不思議でも何でもないかと
思いますが、逆に東京の人が他のエリアのラブホテルを利用すると、あれ
なんだか違うな?と思うかも知れませんね。

で、その不思議に思うことなんですが、それはフロントの存在。
地元のラブホテルでも、関西以西の少なくとも私が行ったことのある範囲
のラブホテルでは、客室の画像パネルで照明の点灯している部屋が空室で
利用可能というルール?は同一でした。(東京もこの部分は一緒)

続きを読む


ラブホのバスルームで [ラブホテル]

夏の暑い時期、仕事が忙しくてなかなか髪の毛を切りに行けなかった時が
ありまして、暑いのに随分と髪が伸びていたことがありました。

髪を切りに行く時間はなかったけれど、不倫関係だった現在の奥さんとの
デートの時間だけはしっかりと確保していたという部分が、現在とあまり
変わらないような気がしますが、このデートの時に髪の話が出ました。

彼女の乳首を舐めながら、女性器をクチュクチュと愛撫していると彼女が
何度もくしゃみをするので、風邪でもひいたの?と聞いてみると、違うの
あなたが胸のところで動くたびに髪の毛が鼻に入ってムズムズするの!と
いうお返事が返ってきました。

続きを読む


ラブホテルの亡霊 [ラブホテル]

読者の方から体験談をいただきましたので、了解を得て掲載します。

私の現在の彼が、以前に付き合っていた彼女とラブホテルへ行った時の話
なんですが、ラブホテルにチェックインをして普通に部屋に入り、彼女の
方を振り向くと、彼女は入口で立ち止まったまま前に進もうとしません。

不思議に思った彼はどうしたの?と彼女に声をかけましたが、彼女は暗い
表情のままで、その場に立ち尽くしていました。

この日が初めてのデートというわけでもなく、何度もセックスをしていて
嫌がる彼女を無理やりホテルに連れ込んだわけでもありません。

続きを読む


お泊りデート…でも [ラブホテル]

お泊りデートの約束をして、カップルズホテルのガイドブックで、二人の
趣味にピッタリのお気に入りのホテルを見つけたのに、実際に行ったら、
満室だった…なんてことになったらショックですよねェ。

特に、この日のために体調を整えて万全の備えをして、一晩中愛し合おう
と思っていたとかね、そんな強い思いがあったとしたなら、諦めきれない
気持ちは充分に理解できます。 

ラブホテルの場合は、まだまだ予約の出来るところは少ないですからねェ
ほとんどの場合は後の祭りだと思いますが、事前にチェックしておいて、
予約が出来るのならば予約しておくのがベストだと思います。

続きを読む


ラブホが満室な時 [ラブホテル]

彼女と交渉成立!ルンルンでラブホテルへ行ったら、なんと目的のホテル
が満室な時は、どうすれば良いのか?ということを考えてみましょう。

まず、時間帯ですが、ラブホテルが満室表示になる時間帯は休日の午前中
だと午前9時から10時ぐらいまでになります。

宿泊のお客さんは大体、午前9-10時の最終チェックアウト時間に合わせて
チェックアウトする傾向が強いので、大体の場合は午前7時頃に起きて、
モーニングセックス、その後でシャワーを浴びて、遅めの朝食を食べたら
チェックアウトという場合が多いので、休日の午前中から、ラブホテルに
行こうと思ったら、11時ぐらいに行くと部屋のリセットが完了していて、
好きなタイプの部屋を選びやすいと思います。

続きを読む


ラブホテルにリクエスト [ラブホテル]

このブログをラブホテルの経営者の方が読んでいる可能性はあるのか?と
いう部分で疑問点は甚だ大きいわけですが、もしも読んでいたとしても、
私の個人的要望に対し、実際に対応してもらえるとは絶対に思えないので
あくまでも、こうして欲しいなという願望として書きます。

一つ目は、バスルーム。
昔の旅館の内風呂ような柄模様のタイル張りで、浴槽は一人が入っただけ
で満員御礼状態というのは、是非ともなんとか改修していただきたいな、
と私的には思います。

ラブホテルの場合、バスルームというのは自宅とかシティホテルのお風呂
では出来ないことを楽しむ場所という感覚がありますが、作りの古い所の
場合には、ごく普通の浴槽と洗い場しかないところもあったりしますから
現実的過ぎると言うか、生活感が漂っている場合もあるわけで、ある意味
シラケテしまうこともあるわけです。

続きを読む


ラブホテル ブログトップ



Copyright (c) 2013-2017 suzuran All right reserved