So-net無料ブログ作成
検索選択
男女の営み ブログトップ
前の10件 | -

サンドイッチセックス [男女の営み]

以前に私が経験したのは、男性は私のみ、そして女性二人を相手にすると
いうパターンでの三人での交わり(いわゆる3P)でした。

そのようなスタイルではなく、女性一人に男性二人が挑む?という形式で
3Pをする場合だと、今回お話をするようなサンドイッチスタイルが可能
になるわけですね。

男性が一人で女性が二人の場合は、正常位で交わっている男女をもう一人
の女性が見ているという形(見られて感じるタイプなら、これでも充分と
思うかも知れませんね。)か、後背位でセックスしている時に男性の乳首
などを愛撫してもらうとか、他には騎乗位で結合している状態で、顔面に
もう一人の女性の股間を擦り付けてクンニリングスとかね、頭で考えれば
いろいろ思い浮かぶわけですし、二人の女性をバックのスタイルで並べて
交互に挿入するという男の憧れ的なセックスもしてみたいなんてことを、
思ったりもしますよね。

続きを読む


他人のセックス事情 -2 [男女の営み]

他人のと言うか、他国のセックスに関する調査報告の内容分析?の続きを
書いていこうと思います。

前回では自慰行為(オナニー)に関する調査の話でしたので、今回では、
メインテーマであるセックスに関してのお話になります。

まず、一週間でもっとも性交渉のある国は、韓国で最低週四回以上。
その割には韓国でも、セックスレスや少子化が結構大きな問題として話題
に上っているように思います。

続きを読む


他人のセックス事情 -1 [男女の営み]

世の中には、気にならないと言いつつも、やっぱり気になってしまうこと
って、いろいろありますよね。

例えば、一回の逢瀬で何回の射精が出来るとか、そんなことは本来は個人
の能力の違いなんだから関係ないよ、なんて言いつつも自分は最高で三回
なんだけど、他の人はもっと何回も出来るのだろうか?とかね、射精の時
思わず声が出ちゃうけど、こんな風に声を出す男なんて、他には誰一人と
していないんだろうな、とか比較する対象がいたりすると何だかちょっと
安心とか、まあいろいろな見方があると思います。

英国の男性向けの雑誌で、世界各国の四万人の男性に聞きました、という
性に関する調査結果が以前に発表されまして、例えば自慰行為の回数では
フィリピン人男性が断然多くて、一週間に六回のペースで自慰行為をして
いるという回答を得ているようです。

続きを読む


スローセックス [男女の営み]

以前、恋愛感情の表現技法(愛情表現の仕方)の新しい情報に敏感な人達
の間で、ポリネシアンセックスとかスローセックスと呼ばれている方法が
話題になったことがありました。

というか、ブームになるほどの流行ではなかったので、根強く定着して、
少しずつですが、そのセックスの実践者が増えているのが現在の状況だと
言えるのかも知れません。

ポリネシア地域に住む人達が、時間をかけて静かに燃え続ける炎のように
厳かに、でも熱い情熱を伝え続けるようなセックスをするという話が語源
として存在するのか、というような部分はよくわかりませんが、とにかく
時間をかけて、精神的な繋がりを最優先にして、お互いの性感を高めあう
セックスのことをポリネシアンセックス、または、もっと簡単な表現で、
スローセックスと呼んでいます。

続きを読む


膣外射精は難しい [男女の営み]

現在の奥さんと初めてのデート(不倫なんですが…。)で、ラブホテル
行った時のこと、古いホテルだったのでコンドームは自販機でお買い求め
下さいのタイプでしたが、やっぱり避妊は大切ですからね、彼女がお風呂
に入っている間にコンドームを用意しておきました。

お風呂から出てきた彼女にコンドームも用意したから安心してね、なんて
声をかけますと、え~、コンドームはゴム臭いから嫌いなの、という意外
な反応だったので驚きました。

だって、避妊用のペッサリーとかリングなんて入れてないんでしょ?と、
聞いてみると、大丈夫よ、イク時には抜いてね、とこともなげに言われて
膣外射精はあまり自信がないんだけど、と言いますと、旦那とセックス
していた時にも、コンドームは使わなかったけれど一度も失敗したことは
なかったから大丈夫よ、なんて言われましたが、当時の私はまだまだ経験
も少なくて、早漏気味だったので射精をコントロール出来るかは、かなり
心配だなと思っていたわけです。

続きを読む


面白い(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

野外で安全に…セックス [男女の営み]

暑い季節になると、公園の芝生の上とか、ベンチとかで、いつの間にやら
大胆なことを…という性癖の人もいるようですが、覗きとかもっと凶悪な
事件に巻き込まれるリスクが高いですから、私的にはお勧めしませんし、
私自身も青空や星空の下という野外ではキスが限界でした。

そんなわけで、ラブホテルが満室でそれでも高まる欲情を抑え切れないと
いうような場合には、どうすればいいでしょう…という流れで、ここまで
話を進めてきたわけです。

で、そういう場合にはどうするの?というとカーセックスなわけですね。

続きを読む


壁が薄いビジネスホテル [男女の営み]

ビジネスホテルに泊まった場合、カップルが気配りをする必要があるのが
壁の薄さなんですよね。

基本的にホテルの建物が新しいとか古いとかで、差があるのではなく宿泊
の対象者をどのような層にしているのか?という部分で、壁の厚さは決定
されているようですから、出張で利用するという前提のビジネスホテルは
当然、壁の厚さは薄くて防音効果なんて、ほとんどないと考えた方が良い
と思って下さい。

特に廊下(部屋の扉の向こう側)は、ほとんど筒抜けですし、壁にコップ
を当てるまでもなく、隣の部屋の音もよく聞こえます。

続きを読む


外に出す時、どこに出す? [男女の営み]

二人の間で呼吸が合い、いよいよピークの瞬間が来て、さあどこに出す!
という段階になった時に、あなたはどこに出す?

という話なんですが、一般的にはお腹というのが一番多いのではないかと
思うわけですが、それはあくまでも二人の間に愛情が成立している場合で
あって、冷めた関係の義理のセックスの場合には、ティッシュで包んで、
とか、男性自身の手の中に、みたいな感じで「不潔」な精液で汚されたく
ないという感情があるような話も聞きます。

では、愛情一杯の場合とか、二人の間が燃え上がっている絶頂期の場合は
どういうことになるのかというと、AVでおなじみの顔射とか、そのまま
口の中にペニスを差し入れて口内射精なんて形になる場合もありますね。

続きを読む


中に出せない時 [男女の営み]

女性の一ヶ月の周期によっては、セックスをしても中に射精できない時期
というのがありますよね。

一般的には危険日と言われている頃で、排卵期という言い方もありますが
要するに成熟した卵子が、元気な精子との受精可能な時期のことで卵子の
寿命は24時間だけなんですが、精子の寿命が約一週間あるので基本的には
卵子が排卵される一週間前からを危険日と呼んでいるわけです。

この頃にセックスをして、妊娠を避けたいと思うのならば、コンドーム
精子が膣内に入り込むのをブロックするか、殺精子剤を使って射精したて
の精子を全て抹殺してしまうか、女性側が膣内にリングやIUDなどの、
避妊具を入れて受精自体をさせないようにする、などの措置が必要です。

続きを読む


セックスの後始末は誰がする [男女の営み]

セックスの後、コンドームを使ったとしても女性の愛液は溢れ出している
と思われますし、コンドームの中には精液が放出されていますよね。

そんなセックスの後始末はどっちがしていますか?
前回で書いたような一世代前ぐらいの人だと、女性器を拭くのからペニス
に被さったコンドームを外して、ペニスを拭き取ることまでを女性がする
仕事だと思っていたような気がしないでもありませんが、このような話題
は、とてもプライベートな話ですからね、本人からの自己申告がない限り
なかなか表には出ない話ではありますよね。

もちろん、道行く人にセックスの後始末はどうしていますか?なんて事を
聞く勇気はありませんから、他人がどうしているのかはわかりませんが、
私の場合は、ティッシュを数枚抜き取って、彼女の股間に軽く押し当てて
後は、それぞれに自分で始末しましょうというスタンスを取っています。

続きを読む


前の10件 | - 男女の営み ブログトップ



Copyright (c) 2013-2015 suzuran All right reserved