So-net無料ブログ作成
検索選択
男女の営み ブログトップ
前の10件 | -

例えば体位の話 [男女の営み]

夫婦間のセックスで、もっとも好まれる体位は正常位で、それに続くのが
騎乗位(一昔前には女性上位とも言われていました。)で、さらに続いて
後背位というのが、一般的なアンケートの答えですね。

これが不倫関係になると、特定の体位に偏るわけではなくなり、正常位も
確かにあるのですが、より深い挿入感が得られる屈曲位や帆掛け舟(女性
の片足を肩に乗せるようにしてペニスを根元まで挿入する体位)なども、
出てきますし、松葉崩しとか、背面座位などのAVで好まれる体位だとか
まんま、AVのような駅弁なんてのも結構、上位にあります。

ノーマル系ですがハードな印象の強い後背位、立ちバック、M字開脚で、
陰毛が絡み合うような濃厚な挿入など、やっぱり夫婦の間では、ちょっと
恥ずかしいというか、一緒に生活をしている人とは共有しにくいような、
そんなセックスをするのが不倫関係の楽しみの一つみたいな、セックスを
楽しんでいるカップルが多いようですね。

続きを読む


セックス相手の人数 [男女の営み]

アメリカの疾病対策センター(CDC)の調査結果によると、これまでの
生涯において、15人以上の異性と性的関係を持った男性が三人に一人程度
女性では五人に一人程度の割合であるという統計が出たようです。

15人以上という基準が何によって定められたのかということについて言及
はされていませんが、文章の最初に強調されていることから、これは多い
ということを意味しているのでしょうね。

普段からセックス話題を書いている私も、15人以上の女性とはセックス
の経験がありませんし、以前のように出来る限り多くの人とのセックスを
体験したいという気持ちもありませんので、今後の生涯においても15人を
超えることはないかも知れませんというぐらいなので、日本よりも性的に
開放されているイメージのあるアメリカでも、15人以上の異性とセックス
をするということは、特殊なことではないけれど、ごく一般的なことでも
ないという感覚があるのかも知れません。

続きを読む


セックスに対する考え方 [男女の営み]

以前は、性の話題を正面から取り上げる紙媒体は、特定の男性誌や女性誌
の一部に目立ったぐらいで、あまり多くはなかったような気がしますが、
ここ最近の傾向としては、個人的な実感としては多いと感じています。

いわゆる低俗なエロ雑誌(内容の八割ぐらいが、ウソ、偽り、紛らわしい
という記事と詐欺サイトの広告満載の雑誌)から、社会問題や国際問題を
メインにしているニュース系雑誌まで、あらゆる系統の雑誌・新聞でも、
セックスに関する話題が全くないというようなことはなく、セックスレス
や老人の性、少子化に関連付けた社会問題的な意味合いの強い内容の記事
の場合もあれば、不倫愛、純愛、婚外恋愛、同性愛などの恋愛を起点に、
その性愛の内容に踏み込んだもの、そして正面からセックスの体位や快楽
性感の向上などに触れたり、側面からセックスの効果・効能を論じたもの
など、言い方によっては多彩な記事が充実していると感じています。

続きを読む


その気にさせないで [男女の営み]

男性向きのデート成功マニュアルみたいなものを読むと、女性の服装とか
仕草などをよく観察することによって、彼女から誘っているという意志が
本人も気付かないうちに表現されるので、デートの時には言葉をよく聞く
ということも重要ですが、彼女自身も気付かずに発しているサインを確実
に読み取って、まずは第一ステップであるキス、そして、セックスへと、
関係を進展させて行くようにしましょうという内容が、何十年も前から、
エンドレステープのように繰り返し書かれています。

好むカラー(服の色)によって、彼女の深層心理を推理して、彼女の望む
二人の関係とかデート内容(話をするだけで良いのか、キスまでを考えて
いるのか、それ以上か)をセッティングできれば、女心の機微の解る人と
して彼女の信頼を勝ち取ることが出来る…みたいな話なんですが、本当に
深層心理がデートの時の服の色に反映しているのかは、当の女性にしか、
分からないことなんですけどね。

例えば、白い服の女性には、男性は無垢で高潔な女性像をイメージすると
同時に大人として成熟した女性もイメージするとされていて、多くの男性
の好みを満足させるとされています。

続きを読む


こんな失敗、あんな失敗 [男女の営み]

恋愛は心を裸にして理解しあうこと、そしてセックスは文字通りに着衣を
脱いで肉体を裸にして理解しあうことと言えると思いますが、裸になると
いうことは、逆に言えば何の隠し事もないからこそ、セックスにまつわる
失敗談というのは多いような気がします。

手元にある、ある雑誌ではセックスの際の失敗談についてのアンケート
実施していて、幾つかの事例が掲載されていますので、その中から簡単に
失敗の内容を拾い出してみたいと思います。

記載されている中で、一番顔色が変わっただろうなと思うのが、射精後に
膣内からペニスを抜くと、根元の部分に輪ゴムのようになったコンドーム
が巻き付いていたという失敗でしょうね。

続きを読む


元カレとの気軽なセックス [男女の営み]

一時期ネット上でよく登場する造語で「リサイクルセックス」という言葉
があったことを覚えているでしょうか。

love-hotel24.JPG

元カレとか、気軽な友達関係の男性と、恋愛感情や一切の束縛を感じずに
気軽に、したい時にするセックスのことで、気遣いも気配りも必要のない
割り切った関係で、とりあえず手軽に欲求不満や癒しを求めたい時にすぐ
出来るのが魅力なんだということなんだそうです。

続きを読む


面白い(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

男女別・好きな体位 [男女の営み]

いろいろな会社やコミュニティが実施するセックス関連のアンケートでは
もっともポピュラーな質問ではないかと思うのに、好きな体位はなに?と
いう質問があります。

それに対する答えは、やっぱり千差万別ということはもちろんないわけで
日本人のセックス感と言うか体位についての考え方は、一般のアンケート
形式である限りは、どんな主催者が実施しても変わらないわけですね。
※ SM専門誌とかだと違うかもしれないですけどね。

男性の好きな体位のベスト5は、
後背位、騎乗位、屈曲位、正常位、座位

女性の好きな体位のベスト5は、
正常位、後背位、騎乗位、屈曲位、座位

続きを読む


過去にセックスした人数 [男女の営み]

以前にも書いた話なんですが、あの頃とはまた分析の傾向が違いますから
また違った内容の記事を書けそうなので、もう一度取り上げることにして
今までに経験したセックスパートナーの人数の話を書きます。

まず世界レベルの平均は9人ということになっていますがアンケート調査
をしているのが海外のコンドームメーカーですから、当然、このメーカー
の商品を販売している国が対象でしょうからね、アフリカ諸国とか旧東欧
などの国は多分、含まれていないのではないかと思います。

平均9人を男女別で分けてみると男性は10.2人、女性が6.9人となりまして
男性は、女性と比べてより多くの異性とセックスしている事になりますが
これはなるべく多くの女性に自分の子孫を産ませたいという本能もあると
いうのが、一つの見方で私もそうではないかと思いました。

続きを読む


セックスの希望回数 [男女の営み]

なんだかんだと言いつつも、世間的にセックス話題は尽きないわけで、
セックスに関するアンケート結果もいろいろな内容で、いろいろな人達の
意見が表に出て来るようになってきている今日この頃です。

で、見つけたのがセックスを何回したいのか?という調査結果。
一般的な質問は月に平均何回していますか?とか、一晩で何回しますか?
という感じで、実績に対する質問なんですが、今回見つけたのは希望回数
を調査しているので、ちょっと珍しいので思わず記事にしました。

ちなみに男女の区別はありませんので、性差による傾向までは読み取る事
が出来ないのが、ちょっとデータとしてはどうかな?と思いますが、特に
商品開発に使うとかの理由ではありませんからね、まあ、硬いことは抜き
で話を進めて行きましょうという感じです。

続きを読む


勃起度の国際標準 [男女の営み]

勃起障害のレベルを客観的に評価するチェック項目、というのに国際的な
評価基準があるという事はご存知でしたか?
医師も使っているスケールなんだそうで、結構、基準としては精度が高く
自分のEDレベルを計ってみて、合計点が21点以下で尚且つ、本人または
パートナーセックスの障害として問題だと思っているのならば、医師を
受診した方が良いのだそうですよ。

質問は五項目になっていて、以下のような感じです。
※ ( )の中の数字は素点ですから、五項目の点数を合計します。

問1.勃起を維持する自信の程度は?
非常に低い          (1)
低い             (2)
普通             (3)
高い             (4)
非常に高い          (5)

続きを読む


前の10件 | - 男女の営み ブログトップ



Copyright (c) 2013-2015 suzuran All right reserved