So-net無料ブログ作成

セックスに対する考え方 [男女の営み]

以前は、性の話題を正面から取り上げる紙媒体は、特定の男性誌や女性誌
の一部に目立ったぐらいで、あまり多くはなかったような気がしますが、
ここ最近の傾向としては、個人的な実感としては多いと感じています。

いわゆる低俗なエロ雑誌(内容の八割ぐらいが、ウソ、偽り、紛らわしい
という記事と詐欺サイトの広告満載の雑誌)から、社会問題や国際問題を
メインにしているニュース系雑誌まで、あらゆる系統の雑誌・新聞でも、
セックスに関する話題が全くないというようなことはなく、セックスレス
や老人の性、少子化に関連付けた社会問題的な意味合いの強い内容の記事
の場合もあれば、不倫愛、純愛、婚外恋愛、同性愛などの恋愛を起点に、
その性愛の内容に踏み込んだもの、そして正面からセックスの体位や快楽
性感の向上などに触れたり、側面からセックスの効果・効能を論じたもの
など、言い方によっては多彩な記事が充実していると感じています。


hairy144.jpg

一昔前には少女漫画というジャンルがありましたが、その内容にリアルさ
を感じなくなった世代に向けて、そしてまた日常生活の中でのセックスに
物足りなさを感じている人を対象にしているレディスコミックが、一つの
カテゴリーとして定着した事も、性の話題を秘すべきモノから、いろんな
意見を聞いて、快楽を追求するのも人生の中での楽しみの一つであると、
考えるようになった一つの要因だと言えるかも知れません。

もちろん、商売のタネとしての記事を掲載している雑誌も多々あるわけで
情報の全てが正しいとは限りませんが、真面目で異性との関係を遊びだと
割り切ることの出来ないタイプの人(私のような人ですね。)の場合は、
半分冗談のような記事にも一喜一憂して、コンプレックスを感じたりする
という場合もありますから、あまりにも溢れかえっている性情報の中から
有用な情報、真実の情報を取捨選択する眼力を養うことも大切なことだと
私の個人的な視点としては考えています。

sex-pics211.jpg

そんな感じで今の雑誌を見ていると、女性の快感を向上させるダンスとか
男性が快感を感じる女性器にするテクニックとか、なんだか小手先の技と
いうか、ちょっと恥ずかしい表現を使うと「愛情」が二の次になっている
というような気がするのですが、そのようには思いませんか?

セックスが快楽を得られるコミュニケーション手段であるということは、
全く否定しませんが、なんだかテクニックに走り過ぎて、愛の行為という
部分を軽く考えてしまうというのには抵抗があります。

大切な人と素肌で接するというだけでも、充分に愛しさが高まるのが本来
のセックスの形だと古い考えの私は思うんですよね。

sex-pics214.jpg

もちろん、新しい情報を収集して取り込んでいくことは大切なことですし
有用なこと、なんかヘンだよねと思うことは、ブログの中でもお伝えして
行くというスタンスは変わりませんが、個人的にはあまりにもプレイ的な
要素の強いセックスを推奨しようとも思いませんし、自分自身がしたいと
思ったことはありません。

セックスと超高齢社会―「老後の性」と向き合う (NHK出版新書 510)
セックスと超高齢社会―「老後の性」と向き合う (NHK出版新書 510)坂爪 真吾

NHK出版 2017-02-08
売り上げランキング : 1424

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
知的な老い方 (だいわ文庫 E 289-4) 見えない買春の現場 「JKビジネス」のリアル (ベスト新書) キャスターという仕事 (岩波新書) シルバー・デモクラシー――戦後世代の覚悟と責任 (岩波新書) 熟年セックスのリアル (文庫ぎんが堂) 臨終の七不思議 高齢者風俗嬢 (新書y) とめられなかった戦争 (文春文庫) 文藝春秋 2017年 03 月号 [雑誌] 総力取材!  トランプ政権と日本 (NHK出版新書 509)



面白い(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました



Copyright (c) 2013-2017 suzuran All right reserved