So-net無料ブログ作成
検索選択

精子を増やす睾丸の適温は35℃ [男女の営み]

日本には古くから精力増強の手段として、金冷法という方法がありまして
もしかしたら今でもそれを実践している人がいるかも知れませんね。

方法としては簡単なことで、お風呂に入った時に股間にぶら下がっている
大切な部分に水をかけて何度か冷やすというもので、正式なお作法までは
知りませんが、子作りを成功させるための儀式?として知られています。

昔からの話なので科学的根拠とか、受胎率が上がるメカニズムまでを考慮
した上でのことではないと思いますが、実際に多くの成功例があったので
言葉の上だけでも伝承されてきているのだと思います。


a-no-panty14.jpg

a-no-panty15.jpg

a-no-panty16.jpg

で、この金冷法の考え方と同じような理屈を科学的に証明するような実験
を行なったのがドイツにある大学で、暖められた椅子に座った場合と普通
の椅子に座った場合のタマタマの温度を測って椅子を暖めることの影響を
調べたというものです。

被験者の男性30人の睾丸にセンサーを取り付け、暖められた座席に90分間
座ってもらったところ、1時間後には陰嚢部の温度の平均は37.3度にまで
上昇し、もっとも高くなった人では39.7度まで上昇したとか…。

精子の生産にもっとも適している温度は体内の温度(標準で37度)よりも
2-3度低い温度だとされていますから、タマタマが精子を作るにはかなり
悪影響がある温度になってしまうということで、普通の椅子に座った人と
比べると1度から3度程度の差が出たということです。

実験では実際の精子数や動きに関する検証は行なわれなかったようですが
同じ姿勢で3時間椅子に座っていると、生殖能力を損なう危険性もあると
いうことですから、股間にピッタリと密着するようなパンツを履いて同じ
姿勢を続けるのは精子の生産能力低下の影響大だと認識する必要があると
いうことでしょうね。

一日に数分程度、タマタマを水で冷やすのは合理的な精子の生産能力向上
の方法だと知っていた昔の人は偉かったということなのでしょう。

スーパービール酵母Z 660粒スーパービール酵母Z 660粒

スーパービール酵母アミノゲット 600粒 屋久島春ウコン粒 600粒 (旧春ウコン錠剤) DHC 亜鉛 60日分 60粒 ファイン L-シトルリン 240粒 アバンビーズDX 歯周病予防 【シトラスミント味】 80g

by G-Tools



面白い(17)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 17

コメント 4

toyo

suzuran 様にとって来年も良い年でありますように。
by toyo (2014-12-31 09:10) 

suzuran

toyoさん:
コメントありがとうございます。

新年も宜しくお願いします。
by suzuran (2014-12-31 23:49) 

海のアングラーしんちゃん

新年あけまして、おめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。
毎回、為になる情報をありがとうございます。
参考にします、、。
by 海のアングラーしんちゃん (2015-01-01 01:29) 

suzuran

海のアングラーしんちゃんさん:
コメントありがとうございます。

新年明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。

ほんの少しでも役に立つようなことになれば幸いです。
by suzuran (2015-01-11 00:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。



Copyright (c) 2013-2015 suzuran All right reserved