So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

もしかしたらセックス依存症? [病気]

セックス依存症という病気は、セックスが出来ないと仕事が手につかない
とか、特に性的な刺激を受けたわけでもないのに、ペニスが勃起したまま
萎えなかったり、女性器から愛液が滲み出て、歩いているだけでも性器が
充血してセックスがしたくて堪らないという衝動に駆られてしまうとか、
そんな状態から徐々に誰でもいいからセックスしたいとか、お金を払って
何とかしようとか、欲望がエスカレートしていってしまうわけです。

ただ、痴漢とか女性をレイプをするのも性依存症の症状の一つという人も
いますが、それについては私は否定的な見方をしています。

性依存症によって理性を全くなくしてしまうというのは言い訳に過ぎず、
女性が嫌だという意思表示をしているのにも関わらずセックスを求めると
いうのは、問題行動であり犯罪行為だということはわかるはずですから、
性依存症だから無罪だとか判断能力のない心神喪失状態だったなんていう
くだらない言い訳は問題外だと思います。

続きを読む


面白い(5)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

男性機能の健康チェック [病気]

勃起障害のレベルを客観的に評価するチェック項目、というのに国際的な
評価基準があるということはご存知でしたか?

医師も使っているスケールなんだそうで、結構、基準としては精度が高く
自分のEDレベルを計ってみて、合計点が21点以下で尚且つ、本人または
パートナーがセックスの障害として問題だと思っているのならば、医師を
受診した方が良いのだそうですよ。

質問は五項目になっていて、以下のような感じです。
※ ( )の中の数字は素点ですから、五項目の点数を合計します。

続きを読む


面白い(8)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

受胎日を知る方法 [妊娠・出産]

排卵日を知る方法ではないので避妊や妊娠を望んでいる人にとっては全く
役にも立たない話なので事前に謝っておくことにしたいと思いますので、
まずは申し訳ありません。

自分の誕生日から起算して自分が出来た日(両親が愛し合った日)が判る
という計算方法なんですが、それを知ったからどうなるの?と言われると
別に何があるわけでもありませんので困ってしまいますが、自分の子ども
の誕生日からも計算が出来ますから二人の秘密の愛の記念日として決めて
毎年、愛し合う日にするとか、お互いにプレゼントをするとかの日にして
記憶に留めておくのも良いのではないかと思います。

人によっては大切な記念日として、また他の人には役立ちそうもない知識
として、頭の片隅にでも入れておいていただければ何かの会話の際にでも
使えると思いますので覚えておいてはいかがでしょうか。

続きを読む


面白い(5)  コメント(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

「太さ」「長さ」「固さ」の話 [男女の営み]

一般的な認識ではペニスには排尿器官(泌尿器)としての役割と生殖器官
としての役割があると思われているわけですが、排尿器官としての役割で
長さとか太さを追求しようという人はいないと思いますから、もう一つの
役割である生殖器官としての任務遂行に太さと長さが関係するという伝説
があるので世の中の男性はペニスの大きさを気にするわけです。

というように考えた場合、本当に生殖器として太さや長さは関係するもの
であると言えるでしょうか?

実際にセックスをする場合、女性器の中にペニスを挿入するとほとんどの
人の場合は、相手の女性の「奥=子宮口」に当たっていることを実感する
と思うんですが、要するに子どもを作るためのセックスの場合はそんなに
大きなペニスでなくても子宮口の部分に精液を送り込むことは可能なわけ
ですし、太いペニスで逆流を防止するなんてことも、そんなに簡単に勃起
状態を保つことは無理ですから、射精後には膣口から押し出されてポロリ
と抜け落ちるのが実際のところなわけですね。

続きを読む


面白い(6)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

熟女って何歳の女性から? [男性・女性]

アダルトビデオの人気ジャンルとして熟女とか人妻(不倫とか浮気とかも
重要なキーワード)を題材にしたカテゴリーがありました。
※実際には最近の傾向は全く分かりませんが…。

シリーズ物として、三十路(みそじ)とか、四十路(よそじ)とか年代を
そのまま題名にした作品が以前にはありましたが現在ならば時流に乗って
アラサーとかアラフォーというシリーズになるのかな?

本題とは少々外れますが最近の30代・40代と比べると、昔のビデオに出演
していた人たちは生活観が濃厚に漂っていて、実年齢よりも老けていたと
いうように思いますが、女性はメイク一つで数十歳は飛び越えますから、
夫とか知人にバレないように、あえて老けて見せていたのかな?とか全く
どうでもいいことを思い出しました。

続きを読む


面白い(6)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

セックス回数の方程式 [男女の営み]

実際にこのような式を使って、計算してセックスをしている人がいるのか
という点は私にはよくわかりませんが、年代別の理想とされるセックスの
回数は以下の様な計算式で割り出すことが出来るのだそうです。

例えば20代。
年代の部分(2)に9を掛けると答えは18ですよね。
この18の部分を分解して、10日に8回というのが20代のセックス回数。

同様に30代ならば、3×9=27で、20日に7回となり20代の半分程度という
ことになるわけですね。

続きを読む


面白い(7)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ナンパの達人の教え [出会い]

55年以上生きてきて、インターネットを始めて20年以上経っていますが、
私の人生の中では街中でのナンパという経験もなければ、ネットナンパと
呼ばれている掲示板などで女性と知り合いになることも現時点までには、
ただの一度もありません。

個人的なイメージとしては、イケメンでなければとか、それなりの話術が
なければ無理でしょうという思い込みがありますし、雑誌やテレビなどで
いかにも簡単に成功するような話をしていることがありますが、そんなに
計算どおりに行くのかな?という疑念もあります。

ナンパにもいろいろあるわけで、継続的なお付き合いを経て恋愛関係へと
進めて行くという本来あるべき姿(と私は思う。)の場合もあれば、当日
すぐにホテルへ行って、セックスをして終わるという考えようによっては
単にセックスの経験人数を増やすだけが目的のような場合。

続きを読む


面白い(5)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

快楽のためのセックスは恥? [男女の営み]

以前に、新聞の人生相談のコーナーで偶然に見つけた話ですが、夫婦の間
で、セックスに対する考え方の違いがあって困っているという相談の中で
相談者の男性(夫)は、セックスを快楽のためにするのは恥ずかしいこと
と考えていて、子孫を残すのが目的なのだから、頻繁にする必要はないと
いう考えではあるものの妻の求めに応じて「仕方なく」何度かセックスを
したらしいです。

その後も、何度か妻からの要求が続いたので「晩婚なのに色気づくのは、
はしたない」「妻には清楚でいてほしい」「女を感じないから、その気に
なれない」と言ったそうで、その後の奥さんは寝室を別にして夫の隣側に
座ることさえなくなったみたいです。
ちなみに夫の年齢は40代で、妻とは五歳程度の歳の差があるようです。

続きを読む


面白い(6)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

本当に「あげまん」ってあるの? [性の疑問・悩み]

原因不明の自殺(私はいまだに他殺だと思っているけど)をしてしまった
伊丹十三氏の監督作品で「あげまん」という映画がありました。

いろいろな意味がある言葉だと言われていますが、一番判りやすいのは、
セックスをした相手の男性が事業に成功したり、会社内で出世をしたりと
「福運」を授けることの出来る女性を指すことが多いように思います。

外見で「あげまん」を見抜く方法というのが、以前、何かの雑誌だったか
に書かれていたような気がしましたが、基本的にはセックスをして幸運が
舞い込むということ自体に懐疑的なので、あまり真面目に読まなかった、
という部分に目論みの失敗があったようです。

続きを読む


面白い(6)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

セックスの好みを色で読み解く [男女の営み]

男性向きのデート成功マニュアルみたいなものを読むと、女性の服装とか
仕草などをよく観察することによって、彼女から誘っているという意志が
本人も気付かないうちに表現されるので、デートの時には言葉をよく聞く
ということも重要ですが、彼女自身も気付かずに発しているサインを確実
に読み取って、まずは第一ステップであるキス、そして、セックスへと、
関係を進展させて行くようにしましょうという内容が、何十年も前から、
エンドレステープのように繰り返し書かれています。

好むカラー(服の色)によって、彼女の深層心理を推理して、彼女の望む
二人の関係とかデート内容(話をするだけで良いのか、キスまでを考えて
いるのか、それ以上か)をセッティングできれば、女心の機微の解る人と
して彼女の信頼を勝ち取ることが出来る…みたいな話なんですが、本当に
深層心理がデートの時の服の色に反映しているのかは、当の女性にしか、
分からないことなんですけどね。

続きを読む


面白い(6)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚
前の10件 | -



Copyright (c) 2013-2017 suzuran All right reserved